TOP

風俗の体験談

五反田はファッションヘルスの天国!?

五反田の風俗はかなりのクオリティーがあると昔から評判です。このクオリティーを維持している理由は各店舗ごとの企業努力の賜物に他なりません。まず、風俗業は今でこそデリバリーヘルスが主流ですが、基本的には過去からのファッションヘルス文化が影響してきているでしょう。エリアによっては、激安・格安という方針でやっていたり、人妻店という特色を出している店舗も多く見られます。東京都でも品川区(特に五反田周辺)では多い気がします。そのようなある種特徴のある店舗が生まれ店舗数を増やしていることは理由があるのです。現在、30~40代の女性キャスト達は最近風俗業で働き始めたわけではありません。長ければ10年以上前から働き続けている人も多いでしょう。それだけ風俗店の経営が続いてきたのだと考えられます。お店の運営暦が長ければ在籍する女性キャストの年齢層も変化してきます。ギャル系の店舗が10年後には人妻ファッションヘルスなんてことも十分に考えられます。それだけ、一時的に風俗店を運営しているだけで終わるものではなく、継続的に変化をしながら続いていくものなのでしょう。ですので、五反田などの地域では激安や人妻店という文化が根強いわけです。これは、現在の業界の事情にも言えることで、風俗文化が盛んな地域になればなるほど時間の経過とともに、店舗のジャンルもカテゴリーがスライドしていくものなのです。東京都では特徴的なジャンルも特化エリアがあったりするものですが、五反田の場合は働き続ける限りずっと五反田という女性も多いのです。また、それだけファッションヘルス店が多い証拠でしょう。近年では、デリヘルなどの派遣型店舗が多い傾向が強いですが、派遣型は派遣するだけのコストがかかるため、お店や女性の利益が少なくなる傾向が強いです。ですので、実直に店舗型風俗となるファッションヘルスで細々と確実に働き続ける女性も多いと考えられます。店舗型は企業・店舗によっては勤務環境の整備なども手が届く場合が多いので、働く女性側にも利点がありそうです。こういった、ビジネス的な需要と供給や続けていけるだけの条件・環境があるあらこそ五反田の風俗は現在も生き残り続けているのでしょう。


五反田 ファッションヘルス

不倫願望を持つ人妻

人妻デリヘルで不倫プレイをやってきました。向こうは旦那持ち、僕は妻子持ち。この背徳感を持ち合わせたエッチは最高です。旦那がいる身でありながら、僕のことを「アナタ」と呼び、僕の方は女性を名前の呼び捨てで呼びます。クンニをしているとき、「○○、気持ちいいかい?」「ええ、あなたの舌使い、最高っ!」という掛け合いがあったが、このときは本当に不倫しているような気持ちになりました。お互い通じ合っているみたいな感じになって、もう最高でした。椅子フェラをしているとき、ずっと僕の方を上目づかいで見てて、かなりエロかったなぁ〜。「実際、不倫願望とかってある?」と、手コキを受けているときに気になったので聞いてみる。「やっぱり一番好きなのは旦那だけど、旦那の方は私がデリヘル嬢やってることに軽蔑してるし・・・不倫もこの先ありうるかもね」的なことを言っていました。う〜ん。僕には子供もいるので、不倫は絶対できないですが、気持ちはかなりわかります。


川越 デリヘル

美人なのは認めますが…

白石さんという33歳の人妻嬢とプレイしてきました。 一応本人とお店のこともありますから、フルネームなのですが、今回は苗字だけを紹介しておこうと思います。 33歳でショートカット。 見た目的には真木よう子といった感じですから、この年代の嬢の中では美人さんに分類出来ると思います。 それを本人も十分に分かっているのか、態度はちょっと天狗ちゃんな感じです。 プライベートでも仕事でも、そのルックスの高さからちやほやとされてきたんでしょうから致し方ないとは思います。 それでもちょっと壁があるように感じるコミュニケーションの取り方には、不満がありましたね。 こんなにいい女の裸が見られているんだから、それだけでも満足でしょ?と言わんばかりの態度とプレイスタイル。 舌先でチロチロとムスコを舐めるだけのプレイ。 その後は手コキ。 ぱっくりと奥まで咥えながらグラインドさせるようなフェラはなしというお粗末な内容です。 確かにお店の中でも綺麗どころなのでしょうが、正直仕事を舐めてるなと思いました。


池袋 人妻