>  > 爆乳を求めて!

爆乳を求めて!

俺は長年多くの風俗でデカ乳のみを追いかけて来た。それは俺の性癖だったし、大は小を兼ねるってところだろう。しかし、巨乳は頻繁に見つけることはできたが、爆乳は見つけたことがなかった。俺の考える爆乳はHカップ以上を指している。それで、ついにとあるデリヘル店でその爆乳娘を発見するに至った。灯台もと暗しで、意外にも近所の小規模B店のCさん(28歳)だった。少しふっくらした体型だが、決してデブではなく、良い具合である。俺はラブホテルの浴槽で彼女の乳を見たとき驚愕した。ピンク色のデカ乳輪だが、しかし乳首は小さく、口に含んでみるととても具合がいい。そしてそのまま浴槽でパイズリに発展した。ボディーソープを谷間に垂らし、俺の勃起チンポを挟んだ。ぬちぬちという音が響き渡り、柔らかい乳マンコに俺の理性はぶっ飛んだ。恥ずかしいことに、ほんの数十分で射精してしまった。残り時間はデカ乳を揉むことで堪能したが、終わりごろはさすがに名残惜しかった。で、今デリヘルで遊ぶ時はCさんばっかりだ。

[ 2015-05-13 ]

カテゴリ: デリヘル体験談